オカシンのブログ体験記

サラリーマンが副業としてブログをやってみて儲かるのかを記録しています。

マツコ会議のキャバ嬢御用達の不動産屋を見た感想

先日マツコ会議を見ていたら北海道すすきのにある不動産屋を特集していました。

今回はこの放送を見て感じた事を書きます。

放送内容

この不動産屋は独立するキャバ嬢がテナント探しで訪れるすすきのにあるホームエージェントという不動産屋だそうです。

ホームページはこちら
ホーム | 株式会社ホームエージェント

めっちゃうさんくさいですね(笑)

従業員が元ホストだったり、店長も白ブチメガネで怪しい。

マツコいわくすすきののキャバ譲は寒いのにミニスカハイヒールで闊歩するタフな人が多いそうです、行ってみたいですね!

今回の取材ディレクターは佐伯ディレクターさん。

この番組は沢山ディレクターさんが出てきますね、普通取材ってADとか、アナウンサーがやるもんですが、変わってますよね。

まず入ると、沢山のお酒が並んでいて、カラオケもあります。

そこは展示ブースになっていて、初めてお店を開く人向けに、商品や業者を紹介する部屋だそうです。

最初に出てきたのは30歳のキャバ嬢と、そのキャバクラのママの二人。

このキャバ嬢は初めてお店に来たそうです。

どんなお店を出したいのかと聞かれたら、「卵かけご飯屋さんと洋服屋さんの併設」と答えていました。無謀ですね。

キャバ嬢は頭が悪くてもお金が稼げるようですが、頭の悪い人はお店を営業するのは無理じゃないでしょうか・・・。

この人は卵かけご飯屋さんをすすきのの路面店でやりたいそうですが、路面店は人気が高く全然空いていないそうです。

一軒だけ空いていましたが、賃料が月155万円と、卵かけご飯屋さんで稼げる金額ではないですね。

さらにお店用に不動産を借りると12か月分まとめて必要だそうで、初期費用1800万円必要だそうです。

お店を開くのは大変ですね。

ただし、この路面店は相場よりかなり高いので売れ残っていたようです。

さすがに卵かけご飯の店は無理だろと、一緒にいたママに駄目出しされていました。

一緒にいる方はクラブカルネというお店のママの南真白さんだそうです。

クラブカルネの場合は、約100坪で百万円代前半だそうです。さきほどの売れ残った路面店がかなり高いのがわかりますね。

基本的にすすきのは歌舞伎町に比べると1坪当たりの単価が半額だそうです。

それなのに夜の仕事の時給は同じなので、キャバ嬢で稼いで、お店を開いて独立する人が多いという事です。

商売を始めようとしている方はすすきのがおすすめですね。

続いてのお客さんは潔癖症のキャバ嬢です。

マンションの1室で豊胸のエステサロンをやりたいそうです。

本人がマッサージとサプリメントでBカップからEカップになったそうで、それを生かして商売をしたいんだとか。

しかしこのキャバ譲、潔癖症なので、男の人には一切触らずに仕事をしてお店でナンバーワンだそうです。すごいですね。

さすが病気になったらにお医者さんには触らせるけど、その後はすぐお風呂に入るとか。潔癖症は大変ですね。

同時にメンズの脱毛サロンもやりたいそうですが、潔癖症で男の人には触りたくないので、全部社員にやらせるとか。

何様なんですかね・・・

次のお客さんは和風の着物を着た飲食店経営者の29歳の女性です。

家庭料理居酒屋とワインカフェと車椅子対応のスターレーンというラウンジの3件も経営しているそうで、4件目の物件を探しにきたそうです。

障碍者や高齢者の車椅子に目をつけると言うのはすごく目のつけどころがいいですね。

4軒目は10年後には3人に1人が高齢者になるので定年の歳以上が働く人へのサポートができる仕事ができたらいいと言っていました。

夜のお店もこれからはサラリーマンだけじゃなく、年金暮らしの高齢者の方もターゲットにしてしないといけないのかもしれませんね。

続いてはアンミカ似の桃瀬ともさん。金髪のオーナー仲間のお友達と来ていました。

どちらも30歳前後です。キャバ嬢は若いうちに大金を稼げるから早いうちから起業資金が稼げていいのかもしれませんね。

金髪の方はガールズバーを既にやっているそうですが、次はアイシングケーキのお店を作りたいそうです。

こういうのを見ていると、商売はいろんなアイディアがあって面白いなと思います。

桃瀬ともさんはすでにガールズバーとミックスバーをやっているそうです。

ミックスバーとはゲイやオカマ、レズビアンなどさまざまなジャンルの方が働く店のことだそうです。

ここでも不動産の話が出ていて、居抜き物件は31坪で家賃57万円、スケルトン物件は23坪で46万円。

スケルトン物件とは、いわゆる内装とかが何もない部屋ですね。

スケルトンの方が最初からデザイン出来るけど、居抜き物件の方が場所や広さが良い。とのこと。

マツコが不動産屋に居抜き物件をスケルトンにして売る事出来ないのか、物件を横流しするだけがお前らの仕事かと言っていました。

本当にそのとおりですね。マツコはズバっといいこといいますね。

最後の密着取材は卵かけご飯屋さんを開きたいキャバ嬢に密着してホームページで見れるようになっているそうです。

この番組を見て思う事

キャバ嬢専用の花屋さんとか、美容院があるのは知っていましたが、まさか不動産屋もキャバ嬢用があるとは思いませんでした。

夜の仕事ってその業界だけでかなりの額のお金が動くからそれに付随するいろんな仕事が存在するのですね。

マツコ会議では普段気づかないような色々な仕事が紹介されているので、非常に興味深いです。

サラリーマンをやっていると、ルーチンワークに駆られ突拍子もないアイディアは浮かばなくなってくるので刺激になります。

プライバシーポリシー